4/14 アート・ミックス・ジャパンに出演します!

春の新潟を彩る、日本文化の祭典『アート・ミックス・ジャパン』への出演が決定致しました!

一公演約45分という制約の中、我々新潟楽所は二つの『舞楽』を披露します。

詳細は以下の通りです。

 

日時:平成30年4月14日 11:00〜11:45

場所:りゅーとぴあコンサートホール

演目:『迦陵頻(かりょうびん)』『陵王(りょうおう)』

料金:2,200円

チケット購入方法:インターネット、お電話、コンビニ、りゅーとぴあインフォメーション、伊勢丹プレイガイド(5F)にて

アート・ミックス・ジャパンURL

 

今回の演目の内、『迦陵頻』は浄土に飛び交い美しい声で鳴く鳥「迦陵頻伽(かりょうびんが)」を表す童舞で、4人の小中学生が舞います。

また、『陵王』は、あまりに美しすぎた為に恐ろしい面をつけて戦へと出たとされる、中国の斉の武将「蘭陵王高長恭(らんりょうおう こうちょうきょう)」の華麗かつ勇ましい姿を舞にした、大人の一人舞です。

我が国に伝わってから1000年以上の歴史をもち、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている世界最古の総合芸術『雅楽』の世界を、この機会にどうぞご堪能ください。

迦陵頻
迦陵頻
陵王
陵王

 

3/4 第四回春季公演 開催決定!!

第四回春季公演「雅楽 左方舞と右方舞」の開催が決定しました!!

A4表

A4裏(最終)

日時は平成29年3月4日(土)午後1時開場、1時半開演。

会場は新潟市音楽文化会館です。

今回の見所は、第二部の舞楽『迦陵頻(かりょうびん)』と『落蹲(らくそん)』です。

平安時代に完成された雅楽は大きく分けて、

中国大陸から伝わった「唐楽(とうがく)」と朝鮮半島から伝わった「高麗楽(こまがく)」とに分かれます。

その「唐楽」で舞う舞を「左方舞」といい、今回は『迦陵頻』がそれに当たります。

そして「高麗楽」で舞う舞を「右方舞」といい、『落蹲』はそれに属します。

「世界最古のオーケストラ」と呼ばれる日本の伝統音楽「雅楽」のさらに奥にある歴史に深みに触れて頂ければ幸いです。

4/3 第三回春季公演

タイトル:雅楽 管絃と舞楽
日時:4月3日(日)
会場:新潟市民プラザ(NEXT21 6F)
演目:【第一部】平調調子 春楊柳 越天楽 陪臚
   【第二部】迦陵頻 長慶子
チラシ表(web)
チラシ裏(web)